読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミレーナ入れる前の流れ

いつからかは定かではありませんが、月経になると毎月必ず市販薬の鎮痛剤を飲んで生理痛を抑えていました
ひどい時は鎮痛剤飲んでも効かず、腰をデカイハンマーで巨人にガーンガーンとやられている感じ
そんなこんなで30歳で妊娠
31歳で出産 現在33歳 子供は二歳

産後半年すると生理が再開し、困る日々
赤子の世話をしながらナプキン換えて換えて換えきれない時は洋服がダメになり……
一番大変なのは子供とのお風呂!
生理の日は私が洋服着て赤子を洗う
まぁ洋服が濡れる濡れる
冬なんて浴槽に子供を入れ、私は監視でガクガク寒い
何より排卵期に気がおかしくなったくらいイライラカッカ
↓これですね↓


とそんな時Twitterに今回入れたミレーナ情報が回ってきた
※以下私が見た順に貼ります
まずは 宋美玄医師


タビトラ医師

網野幸子医師


このお三方の情報を元に先月婦人科受診

最初から入れると決めていたものの、実は産婦人科の待ち時間の長さが嫌でズルズル延ばしていました笑

でも4月の月経で市販薬のイブを飲むと体に青アザが出たので心配になり、婦人科へ…とまぁそこは初めて行く婦人科なので全くどんな医師かどんな病院かも分かりません

私はリスク有りで大学病院でしか分娩が出来なかったので大学病院で産みましたが、カルテがある大学病院、紹介状がないと5000円+税とられるんですよね(怒

まぁそれは置いといて。

初めての婦人科 ミレーナの希望と青アザの話をすると「近所の大きな病院の内科で血液検査してきて。今日は子宮頸がんの検査します」と言われ妊娠以来の内診台へ

クスコ冷たい!何かいてててて

と終わり。医師からは一週間後には検査結果出ているかも知れないから出ているか電話確認して聞きに来てね。と終了

翌日大きな病院へ行き、内科を受診「あーこれ皮膚にあるから皮膚科で診てもらって」(えぇ~この病院、皮膚科無いですやん…)と帰宅

次の日近所の掛かり付け内科に月一で貰っている神経痛の薬を貰いに行く→「先生、こうこうこうで血液検査出来るならやって欲しいです(T-T)」『うむうむじゃあまずアザみてみようか…あれ?これは?(茶色っぽい痣)もしかするとアレルギーかも知らんな。アレ検査するか?』\先生、それは自費です/

私「先生、私二度とイブ飲まないからアレ検査やらなくていいです」医師『ごめんな。もう飲まないでね。』

ってな訳でやーっとやっと血液検査受けられた。この段階ですでに大学病院の5000円を遥かに上回る診察代(T-T)5000円払って行けば良かった……

こんな感じで一週間が過ぎ、最初の婦人科の子宮頸がん検査結果が出ていると確認し受診「検査問題なくガンないですからね」やっと今日ミレーナを!と思うと「血液検査また持ってきて下さいね」と診察終了

それから一週間後に血液検査結果表を手に三度目の受診「血液は問題ないですね。」私「先生、じゃあミレーナは今日…」医師「次の生理が来たら入れましょう」私「ズコー(一回目~三回目までの受診は生理期間+終了1週間以内)」

とまぁ次の生理を待って入れる事になりました